【最安値】マチュピチュにバスと徒歩で行く方法(費用/持ち物/ルートの詳細)

アフィリエイト広告を利用しています
マチュピチュ最安値での行き方(アイキャッチ画)

・マチュピチュ旅行をしたいけど費用は抑えたい!
・マチュピチュへはどうやって行けばいいの?

・スタンドバイミーコースって聞くけど、どこを歩くの?

という悩みに、この記事はとても役立ちますよ!

『マチュピチュへ最安値で行く方法』のポイントは以下の「5つ」です。

  1. 会社名:「CHIKARA Sushi & Carajo Lounge Café」の奥にあるチケットオフィス
  2. 費用:往復65ソル/1人(約2373円)※宿近くからの送迎込み
  3. 往復の送迎(クスコ〜ハイドロエレクトリカ間)
  4. 時間(往路):クスコ発 6:30AM〜ハイドロエレクトリカ着 13:30PM
  5. 時間(復路):ハイドロエレクトリカ発 15:00PM〜クスコ着 21:30PM

2泊3日でマチュピチュ観光をした経験をもとに、バスの予約の取り方から1日の移動の様子持ち物などを解説していきます。

  • ペルーの通貨は「PEN(ソル)」です。
  • この記事の料金は2022年10月時点でのレート(1ソル=38円)で書いています。

実際の移動の様子から読みたい方はこちらからどうぞ。

タップできる目次

マチュピチュってどこにあるの?

マチュピチュ

マチュピチュ遺跡はペルーのクスコから北西約70Kmに位置し、標高は2430m。

遺跡にアクセスするには、一度マチュピチュ村(アグアス・カリエンテス)を経由する必要があります。

マチュピチュ遺跡とマチュピチュ村はどちらも山の中にあるため、到着までに多くの時間を要します。

▼高山病についてのポイントはこちらの記事にまとめています。

→高山病はどうして危ないの?何か予防はできるの?

マチュピチュ村への行き方

マチュピチュ村への行き方は、5種類あります。

  1. クスコから電車で直行
  2. クスコ ー オリャンタイタンボまでバスー 電車
  3. クスコ ー オリャンタイタンボまでバスートレッキング(通称インカトレイル)
  4. クスコ ー ハイドロエレクトリカ/水力発電所までバスー 電車
  5. クスコ ー ハイドロエレクトリカ/水力発電所までバスー 徒歩(通称:スタンドバイミー コース)

5つ目の「バスと徒歩」の組み合わせがマチュピチュまでの移動費用を抑えられ、往復65ソル(2373円)/1人で行くことができました。

今回はこの行き方について解説していきます。

マチュピチュ行きのバスチケットの買い方

バスチケットを扱うツアー会社を探す

クスコの街を歩いていると、沢山のツアー会社を目にします。

スペイン語が話せる方であれば、気になったお店に直接交渉するのもありです。

私たちはスペイン語に自信がないので、Googleマップでツアー会社を検索して、口コミの評価が高い会社を2~3件ほど候補にしました。

バスチケットの値段交渉と予約

ツアー会社の目星をつけたら、実際にお店に行って値段の交渉をしました。

基本的に初めは高めの値段で売ってくるツアー会社が多いため、値段交渉は必須(特に街の中心部のお店は往復80〜90ソル/1人と、かなり高めの値段で言われる)です。

必要以上に高い値段でチケットを買わないためにも、あらかじめチケットの値段の相場を知っておきましょう。

私たちは値段交渉をして初めに提示された値段から15ソル安くなりました。

”Su possible, puede un poco más barato? Puede 〇〇 soles?” と聞いてみると多少値引きしてくれるかもしれません。

さらに、支払いは現金で払うことをおすすめします。今すぐ現金で支払うことを条件に値引きしてくれました。

マチュピチュ行きのバスの詳細

今回申し込んだツアー会社とチケットの内容は以下の通りです。

  • 会社名:「CHIKARA Sushi & Carajo Lounge Café」の奥にあるチケットオフィス
  • 費用:65ソル/1人(宿近くからのピックアップ込み)
  • 往復の送迎(クスコ〜ハイドロエレクトリカ間)
  • 宿近く〜バス乗り場までの送迎(朝のみ)
  • 時間(往路):クスコ発 6:30AM〜ハイドロエレクトリカ着 13:30PM
  • 時間(復路):ハイドロエレクトリカ発 15:00PM〜クスコ着 21:30PM
りょうま

ツアー会社によって宿からのピックアップが含まれていない場合があるので、しっかり確認しましょう。

出発の前日の夜などに、WhatsAppなどで確認の連絡を入れると、会社側の予約忘れなどを防ぎやすいと思います。

ツレが旅する言うもんで。
結婚5年目/30代夫婦。2人で過ごす時間を大切にしたくて、夫婦で仕事を辞めて、2021年12月から2023年1月まで390日間かけて世界一周。旅の振返りや旅に役立つ情報をブログ・SNSで発信しています。
マチュピチュ最安値での行き方(アイキャッチ画)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

タップできる目次